So-net無料ブログ作成

みなさまの協力要請!!!

どれだけ。。。。
福島県民を苦しめるのでしょうか!!
本当にいやになります!
原発事故で通常の生活をうばわれたり。。。
人と人がしなくてもよい喧嘩をしたり。。。
病気をしたり。。。

また。。。。
弱い所にシワよせがでてきてるようです。
(なぜ国は学習能力がないのでしょうか?)

助けてください!!
みなさまの協力をお願いします。

福島県の鮫川村に放射能汚染されたものを焼く焼却炉が出来るそうです。

詳しくはこちらのブログを → ふくしまの里山を次世代に
               http://blog.goo.ne.jp/no-nuclear
【鮫川村の焼却処分場建設中止を求める要望送付にご協力下さい】

国は、除染のスピードアップとそれに伴う落ち葉等の焼却処理を各市町村で進めよう
としています。その第一号となる焼却炉建設が福島県県南の鮫川村において今週にも
着工される予定です。
予定地から町村境を隔て1.5kmの隣町に住む私は10月にこの計画を知り、急ぎ鮫川村
へ確認したところ、「地権者と周辺の村民30軒に対し説明し同意を得た」とのこと
で、他市町への説明は行わないとのこと。計画は殆どの村民にも知らされていません
でした。
予定地名も「風評を懸念する地権者からの要請のため」非公開とされています。当初
環境省HPに掲載されていた入札関係資料には予定地名の記載がありましたが、私が村
人口4千人の村で、焼却処分のために3年間で7億円もかける大型事業ですが、この
ような方法で推し進められることに大きな不信感が広がっています。

実施主体は環境省で、上記仕様書によると、焼却するのは落ち葉や稲わら、堆肥など
で、最も汚染度の高いものは3万ベクレル/kgに達しています。
公開質問状や情報公開請求から入手した資料によると、鮫川村に先行する実験が飯舘
村、大熊町で実施されたことが分かりました。実験結果を見ると数万ベクレル/kgの
有機物を燃やした後の灰には50万から2百万ベクレル/kgを上回る数値が出ています。
このような超高濃度の灰は中間貯蔵施設ができるまでの3年間予定地に保管されるそ
うですが、鮫川村の話では5~10年かかるとの見通しです。予定地は地下水豊富な水
源地であり、このような場所で10年間安全に保管できるのか、その後国は引き取るの
かきわめて疑問です。

これまで鮫川村と国に対し何度も説明会と資料を求めてきましたが、未だに説明はな
く、肝心の工事の具体的な内容を記す資料も開示されず、その正当な理由すら示され
ていません。
国は各地に設置を進めようとしていますが、早期にこれを止めなければ更に多くの住
民が苦しみます。
ぜひ多くの皆様のお声を鮫川村へお寄せ頂きたくお願い申し上げます。

〈〈 焼却処分場建設を止めて下さい 〉〉
 
 東日本大震災に伴う原発事故により多大な被害を被られたことに心より御見舞いを申し上げます。
私は貴村の農産物を利用し、またはこれから利用したいと思っている者です。
 この度貴村で放射性物質汚染廃棄物の焼却処分場建設計画があることを知りました。処分される稲わらや落ち葉等はキロ当たり8,000ベクレル以上という極めて危険なレベルということです。
焼却すれば灰に放射性物質が数倍から百倍以上に濃縮されますが、その灰も予定地に埋設されるとのことで、地元の方々から不安の声が上がっています。
何より予定地は水源地であり、ひとたび放射性物質が混入すれば広範囲に汚染が拡散されることになります。
予定地は国の天然記念物であるヤマネが生息しており、このような貴重な自然を放射性物質による汚染の危機に晒したくありません。
 私は貴村が進めている農業の振興と里山環境の保全・資源循環を目的とした「ゆうきの里づくり」に共感し、直売所「手・まめ・館」を高く評価します。安心、安全な農産物を大いに利用したいところですが、焼却処分場建設によってその意義が大きく損なわれる可能性を危惧します。
 このような施設の建設を中止し、貴重な自然と水源、村民の健康と生活を守り、真に安心・安全な農産物を供給して頂くことを強くお願い致します。
(コメント)


     〒963-8401
     福島県東白川郡鮫川村大字赤坂中野字新宿39-5 

     鮫川村  村長 大樂 勝弘 様

     電話:0247-49-3111 FAX:0247-49-2651

     メールフォーム:http://www.vill.samegawa.fukushima.jp/inq.php? mode=detail&code=5&code2=0
   メールアドレス:tiiki@vill.samegawa.fukushima.jp
       はがき https://lindoc.jp/docs/3386
       FAX https://lindoc.jp/docs/3387
賛同できる方はブログ、フェイスブック、ツイッターなどで有志をつのっていただけると助かります


村の同意をした人達にいくらお金をつかませたのでしょうか?

これ以上福島を汚さないでください!
これ以上福島の心をズタズタにしないでください!

国会議事堂の中とか東電本社ビルの中に作ってください!

抗議の協力をお願いします!


どこでも(福島以外でも)。。。。受け入れなんかしたく無いですよね!!
やっぱり!原発はやめよう!


食を考える

シュエット有限責任事業組合さんが主催されている
「みんなで映画を観よう会」第二回の映画は
「フードインク」
http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/

会場■■せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター
〈一回目上映〉
      11月16日(金)■18時15分開場
               18時45分開演
               ※金曜日の上映は、中学生以上の方の入場となります。
〈二回目上映〉         
      11月18日(日)■13時15分開場
               13時45分開演
     両日入場料は前売り■1000円
            当日■1200円
              ※日曜日上映は、お子さまの入場ができます。
               親御さんのお膝の上で観賞いただくお子さまは無料です。
               座席に座りたいなというちょっとお兄ちゃんお姉ちゃんの
               お子様は、子ども券500円が必要です。

チケットお申し込みはこちらへ→http://fm.sekkaku.net/mail/1349920890/
チケットお取り扱い店は
       ■カフェ モンサンルーさん(18日(日)の整理券が二枚だけになりました)
                    http://monstlou.net/about/index.html
       ■「KANEIRI Museum Shop 6」さん(メディアテーク1F)
       ■「カレーと野菜 香希」さん(晩翠通りモスバーガーさんのビルB1F)

前もってお申し込みされますと200円お得なので、ぜひ前売り券をオススメします♪
詳しくはシュエット有限責任事業組合さんまで → http://blog.goo.ne.jp/fukurou7810 
                  お電話 → 090―7931―7880 

食料破棄率........世界一の日本
2011.3.11ではどれだけ1つのおむすびが大切だったか。。。。
このフードインクでは大量に生産される食品。。。
そして期限切れや残した食品の破棄。。。。
遺伝子組み換え食品。。。
どれだけ。。。無駄なものが作られ流通してるのか。。。

私たちの食卓に上がっている物が安全か???

TPP問題にも関わるのでは?と私は思います。
この映画を観たらTPPの食品の分野で他国からの規制緩和は毒の入った食品を易々と食卓に豪華に
載せるようなものと私は思います。癌や子供が出来なくなる人や病気になりやすい人を増やして、
しまうのでは。。。。
毎日口にする食品は。。。私達の体を作る資本です。
一部の企業の利益や国の経済のために病気にさせられるのは納得いきません。

ぜひ、映画を観てください。真実を。。。。



季節の変わりもの♡

秋の季節もの。。。。。
ぶどうで変わったおいしいものが。。。

上杉農園 樹の下さんの手作りの「セミドライぶどう」
  DSCF1686.jpg
たねなし高尾を使用した、食べやすい「セミドライぶどう」です。
小さな店主が集まるチャリティーイベントで購入したのですが。。。。
美味しくてすぐに無くなってしまい。
wasanbonさんの風土市でも購入♡
セミドライぶどう今期最後の販売だそうです。
天気も良いのでぜひゲットしにお出かけください
  DSCF1687.jpg


上杉農園 樹の下さん→ http://uesuginoki.exblog.jp/
            樹の下さんオープン日■金、土 11時〜15時販売だけです


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。